香川県歯科衛生士会とは

会長挨拶

うどん県民が健口になるように応援!

香川県は北は瀬戸内海、南は四国山脈に位置し、地形は東西92.1km、南北61.3km、東西に長い半月形で、面積は約1,876平方キロメートルと全国で最も面積の小さい県です。渇水に悩まされることもありますが、気候は極めて温暖な恵まれた土地柄です。愛称を「うどん県」と呼ばれるほど、うどん屋さんが多く腰のあるおいしいうどんを提供しております。一方、現代アートの直島、オリーブの小豆島など観光地としての役割も果たしております。

この一番小さな面積の県では、県庁所在位置に1時間あればどこからでも集まってくることができます。本会は、そんな県の特性を活かした研修や各種事業を展開しています。誰もが白い歯がのぞき笑顔を見ることができる。そしてその歯でおいしく食事ができる。そんな健口な人達を増やせるように、私たちの活動はこれからも広がってまいります。研修会、障がい者支援、県民のお口の健康を引き出す活動、歯科衛生士同士の交流、多職種連携・・・・

やることが一杯です。どうかご支援ください。

一般社団法人香川県歯科衛生士会
会長 木戸みどり